Sri Lanka T-cup2018を終えて

Sri Lanka優勝

チーム発足4年目。

ベテラン中島が中心となり、チーム初となる日本人での国際レース個人総合優勝を獲得する事が出来ました。

支えてくださっている企業の方々、メーカーの方々、ファンの皆様、興味を持って掲載してくださるメディアの方々へ改めて感謝しております。

 

 

経験値の高い外国人選手がチームに在籍し、即戦力として活躍してくれる事は嬉しいです。

自身がチームの中に身を置くと日本人/外国人選手の境は無くなり、共にチームメイトとなります。

だから誰が活躍しても嬉しいのですが、外からの見るとやはり“外国人選手だから強くて当たり前”という当然の評価も理解しています。

 

だからやっぱり日本人も活躍してほしい。

最近、選手の顔を見るたび“日本人が活躍しなきゃ”と口癖のように言っている気がします。

 

今回はフランス人選手のトマが自らアシスト役を買って出てくれました。

その時点でトマというカードは無くなり、日本人の誰かが成績を出すしかない状況に。

そんな中、中島が初日に優勝しそのリードを最終日まで守り抜く事にプランを絞ります。

翌日から若手選手はトマから教わりながらのレースコントロール、中島は他の選択肢を絶たれ全ての責任を1人で背負うことに。相当なプレッシャーだったと思います。

僅差のリードは最終日のゴール勝負まで縺れ、1秒差を守り切ってくれました。

リードを守りきった事で、成功体験と大きな経験値が身につくとても意味のあるレースとなりました。

 

このままの勢いで日本人選手が活躍してくれる事を願います。

そんなに甘いものではないですが、目標に向かってまた1つ駒を進められた1勝だと感じています。

 

ここからレースシーズンのピークを迎えます。

そして5・6月は日本での国際レースが続きます、ぜひ会場へ足を運んでいただき、スピード感と賑わいをお楽しみください。選手 スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしています!

photo:Fukumitsu Syunsuke

広告

24.February

大量の領収書整理を終えて、私のツールドフィリピンも終了。

選手たちは個人総合優勝という最高の成績でシーズンをスタートしました。

 

 

多くの選手たちを獲得し、時間とお金を掛けてチームは運営されている。規模が大きくなるほどプレッシャーも大きくなる。

ジャイの優勝で一瞬だけそのプレッシャーから解き放たれたが、また更なるプレッシャーが押し寄せる。

心地いいが胃が痛い…くらいがちょうどいいのだろう。

 

ツールドフィリピン最終日、先頭集団でJaiがゴールし遅れてリーダーもゴール。最終成績の集計を待つ。

周りからはお前のチームが勝ったな!とは言われるが、正式な発表があるまでは喜べない。

ゴールエリアで印刷された最終リザルトを見て写真に残し、コースの反対側で待つ選手たちにOKサインを出すと彼らは大きく声を上げて喜んだ。

自然と日本で待つチームのGMに電話を掛けていた。

電話先で”どうだった??”と聞かれる。テキストライブでレース状況を逐一チェックしていたのだという。

”勝ちました!”とだけ伝える。きっと私以上に大きなプレッシャーと戦っている一人。

忙しくしているだろうと思ったら、そっちのけでライブを追っているとは…。

心配で仕事が手に付かなかったのか、暇なのか…笑

 

ほんとに勝てて良かった。

”強いチームだね!!”2017年のチーム体制を発表してからこの言葉が重く圧し掛かっていた。

きっと関わる全ての関係者がそれを感じていたかも知らない。だから勝てて良かった。

 

取り上げて頂いたメディアの方々、興味を持って記事を追いかけてくださった方々へ、いい報告が出来て本当に良かったです。今後も胃をキリキリさせながら頑張りますので一層のご興味とプレッシャーをかけてください。笑

 

サイクリスト

http://cyclist.sanspo.com/317052

サイクルジャム

http://cyclejam.jp/2017/02/22/%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%8c%e9%80%86%e8%bb%a2%e3%81%a7%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%89%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%a3/

シクロワイアード

http://www.cyclowired.jp/news/node/224510

 

12.February

 

鹿児島合宿最終日。

今日も鹿屋体育大学 自転車部の皆さんと合同練習。

あ~よく晴れた!合宿最終日にようやく快晴の中で練習が出来ました。

改めて、景色はいいし、コースのバリエーションも豊富。食べ物も美味しい!

また来たいところがひとつ増えました!

 

さぁ、帰ったら中1日でツール・ド・フィリピンに出発です!!